育児をしながら女性医師が働く環境を紹介している人材派遣会社は、実は医療業界も力強く支え続けている存在です。

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

女性医師の転職に役立つ派遣会社は医療業界も支えている

医療業界で働く女性医師の割合は、年々増加の一途をたどっています。現在では、医師国家試験合格者の中で女性医師が占める割合は30%を超えているのですが、一方では病院へ就職してから10年目までに、仕事を辞めて職場を離れる傾向にあります。これは、女性医師の多くが結婚や出産を理由に、一度は医師として働くのを諦め家庭に入ることを選んでいるという実情があるのです。働く女性が当たり前になった世の中とは言え、社会的には育児をしながら働く環境が全くと言っていいほど整えられておらず、増してや女性医師の場合には、当直や緊急呼び出しなど、男性医師であってもキツイと感じる勤務環境の中で同等に働いているのですから、小さな子供を育てながら働けるほど体力的にも精神的にも甘いものではなく、従って、医師として働きたいと願いながらも、離職することを余儀なくされる女性が非常に多いのです。

もちろん中には、こういった女性医師をサポートするべく、24時間体制の託児所を設けている病院が存在していたり、育児をしながらでも働ける環境を整えるため、当直の無い勤務形態を女性医師専用に設けているケースもあるのですが、それは残念ながら、まだ一部の病院だけに留まっているのです。しかし、そういった中でも女性医師としてのキャリアを諦めきれずに、人材派遣会社の医療求人を利用して働く女性も存在しています。医師の場合には、現場を長く離れてしまうと、医療行為やその他様々な知識を忘れがちになってしまう傾向にあり、経験から得た職業的カンなども鈍ってしまうため、それらを失わないようにするためにも、今の自分で働ける環境を探し人材派遣会社でキャリアを積み重ねることを選んでいるのです。

医療業界では相変わらずの医師不足が続いているため、女性医師の離職が多いという現状は、結局は医療現場で他の医師がその穴埋めをしなければ成らないという事になり、現場の医師に相当な負担が掛かってしまいます。つまり、女性医師が育児をしながらでも働ける環境を整えるということは、女性医師のためでもあり、医療業界全体のためでもあるという事なのです。そういった中で果たす人材派遣会社の役割は非常に大きなもので、働く女性医師を支え、医療業界を支え続けている力強い存在であるとも言えるのです。