医療事務の派遣では、病院の受付や患者の支払いをコンピュータに入力するなどの窓口仕事が主な業務になります。

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

医療事務の派遣はどういう仕事か?

医療事務の派遣の仕事は、括りとしては医療系の仕事に入っていますが実際には医療に関する知識はなくても窓口などの業務が中心のために事務仕事が専門と言ってよいでしょう。どういう仕事をするのかみていくことにします。大学病院などの窓口だと大半の病院では既に支払いなどがコンピュータによって自動化されています。そこでは、コンピュータを使って医療事務の人たちが医師が書いたカルテを元にして診療費の支払い伝票などの情報を整理していきます。大抵は受付と支払いの窓口は同じような場所にありますから、どちらもこなしていくことが多いようです。もしくは、受付窓口と支払い窓口は別々になっていて、それぞれ行うこともあります。この辺りは窓口内で分業制になっているのでしょう。

また、大学病院などは大変広いため、場所がよくわからないという患者も多いです。そのときに場所を案内することもあります。他にも、お年寄りなどは支払いのコンピュータの扱い方がよくわからないという人も多いので、それに対して使い方を教えることもあるようです。つまりは、患者とのコミュニケーションの力が医療事務の派遣には要求されることが多いのです。なので、人と会話することが苦にならないという人には向いている仕事だと思います。また、患者が安心して医療に向かえるようにサポートする役割も担っていると思います。わからないことを優しく教えてあげるだけでも、患者の負担はかなり減りそうです。