今人気の医療事務の仕事を派遣社員として働くことのメリットや基礎知識の必要性、仕事内容について紹介します。

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

医療事務を派遣社員として働くこと

最近、資格を勉強する人に大人気なのが医療事務です。医療事務は資格が必須という訳ではありませんが、もし働く場合、ある程度の基礎知識をもっておくと仕事を見つけるのに有利なことも多いです。病院との直接雇用もありますが、派遣会社から紹介されて派遣社員として働くというケースもあります。この場合は、病院側から医療事務の経験のある人を紹介して欲しいという要望があることも多いですが、中には未経験でも長く働いてくれる人なら大丈夫、という病院もあるので、もし派遣社員で医療事務の仕事がしたい人はあきらめずに担当者にその旨を伝えると良いでしょう。

医療事務の仕事は、あくまでも事務作業でレセプトの計算や書類作成、ファイリングなどがありますが、その他、病院内の案内や窓口として患者さんや取引先とのやりとりをすることも少なくありません。大きな病院だと細かく仕事の内容が分担されていることも多いので、未経験でも教えてもらいながら仕事内容を理解することができます。一方で小さなクリニックなどでは、受付から会計業務などの一連の業務を行わなければならないことも多いので、後者はたくさんのキャリアを積むことができますが、未経験には難しいかなと思います。しかしながら、派遣社員として働くので、時給は地域にもよりますが、平均1500円前後はもらえますし、福利厚生もしっかりしていて、安定した職場なので、長く働きたい人にはぴったりの仕事といえるでしょう。