私は派遣の医療事務として働くことで、安定して仕事に就くことができる環境に満足をしています。

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の医療事務として働くことに満足しています

私は医療事務の派遣社員として働いて5年目になります。もともと医療事務の仕事がしたいと考えて、学校を卒業してから就職活動をしていたのですが、医療事務として働くには想像以上に求人が少なくて難しいのが現状でした。しかし、同じ道を目指していた友人が派遣で医療事務の仕事をしているので、私も派遣社員として医療事務の仕事をする道を探りました。人材派遣会社に就職をして、その会社から病院に医療事務として派遣をしてもらうことで、今の仕事ができています。私が派遣の医療事務で良かったと思うことは、経験を積めることもそうですが、仕事が無くなることがほとんどない事です。

病院の中でも医療事務の仕事は、ドクターや看護師の資格職よりも、病院の経営状態や方針によって削減されやすい立場ですので、安定しているとは言えません。しかし、派遣の医療事務は一つの病院で必要が無くなっても、他の病院で必要とされている場合は臨機応変に対応できるので、仕事が無くなるということはほとんどありません。派遣社員というと、立場が不安定なイメージを持つ方もいると思いますが、医療事務の仕事に関して言えば、経験を積むことで必要とされる立場になりますし、安定感も増すことになりますので、私は今の立場で働くことに満足しています。医療事務としてこれから就職を考えている方は、派遣社員として医療事務の仕事に従事する私のような働き方も視野に入れて、就職活動をすることをお薦めします。