労働者派遣法では医療関係業務は適用除外業務にあたり派遣はできません。しかし条件によっては可能な場合もあります。

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

派遣の仕事に転職するメリットデメリット

医療関係業務への派遣について

労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(労働者派遣法)では、病院や診療所における医療関係業務については労働者を派遣することができません。医療関係業務とは、医者・歯科医師。薬剤師・保健師・助産師・看護師・栄養士などの業務です。これは、適正な医療の提供にはチームの構成員がお互いの能力を理解し、十分な意思疎通が必要と考えられているためです。

ただし、次のようなケースにおいては労働者派遣を行うことが可能です。まずは紹介予定派遣です。派遣先での直接雇用を予定し、一定の派遣期間を通して採用を判断する場合です。また、病院や診療所など以外の施設への派遣は可能です。そのほかでは、産前産後の休業や育児休業中の代替業務についても認められます。あとは、へき地や離島の病院など都道府県が必要と認めた病院等への医師の派遣も可能です。例えば薬剤師の場合だと調剤薬局への派遣が可能です。最近では医師を常駐させている社会福祉施設などもあります。

このように、医療関係業務に従事している場合でも派遣という働き方ができないというわけではありません。資格を活かしたうえで有期雇用で働きたい方や時間を有効活用したい方など、派遣労働のメリットは多々あります。目的やライフスタイルに合わせた働き方を検討されてみてはいかがでしょうか。さまざまな働き方が選べる時代です。派遣先を探せるサイトも多数あります。ご検討されてみてはいかがでしょうか。